post

転職活動が無事終わり、次の会社へ行く準備をしなければと内定をもらった人が思っているかもしれませんが、実はこの考え方は間違っているのはご存知でしょうか。次の会社へ行く準備も大切ですが、それよりもより重大なことがあります。それは、今の会社に対して対処しておかなければならないことです。 立つ鳥跡を濁さずという言葉のように、転職しても、あの人は迷惑をかけて転職した。と思われないことが大切です。迷惑をかけて転職をしたと感じないよう転職するには、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。今回は、転職活動後に気をつけておかなければならないことを考えて見ましょう。

転職後の会社を心配する気持ち

転職後、次なる会社へ移動する準備も大切ですが、今いる会社のことを気にかける必要があります。何故このことが必要かと言うと、転職後、取引先や別の仕事で今の会社に相談を持ちかけるということが可能性として無いと言い切れないからです。もし、今の会社のことを捨てて転職したようであれば、転職後、いくら在籍中に仕事で貢献したとしてもその悪い印象が残り、マイナスの影響を与えてしまうからです。そうならないためにも、自分が会社をやめた場合、今の会社はどのようなマイナスなことが起きるのかを考えなければなりません。その上で自分がやっておかなければいけないことを考えましょう。

引き継ぎをしっかりやる

引き継ぎをしっかりやるということは大切です。今の自分の役割をしてくれる人を見つけ、そして育ててからやめるということが、今の会社を辞める際にやっておきたい行動の1つです。引き継ぎをしっかりしておけば、自分がいなくなっても代わりの人がいるので、会社も安心することでしょう。この引き継ぎを中途半端に済ませてはいけません。ある程度仕事を教えた上で、わからない場合はいつでも連絡をするようにする、転職後引き継ぎがうまくいかずその人が悩んでいるような場合であれば、直接会ってアドバイスをするなどの地道な作業も必要になってきます。このような作業をしっかりした上で引き継ぎをしっかりやれば、あなたがいなくても今の仕事は機能するわけです。

自分しか出来ない仕事がある場合

引き継ぎをしても、自分しかやれなかったという役割があるかもしれません。そんなポジションの場合は、やめた後の後継者を自分で探し、自分のノウハウを伝える必要があります。このことをしっかりしておけば、転職した後でもあの人は本当に素晴らしかった。という意見が残るからです。

まとめ

立つ鳥後を濁さずと言う言葉があるように、退職後の今の会社にトラブルが起きないように工夫することも大切です。このことをしっかりしておけば、トラブルなんて怖くありません。転職先が決まったら、今の会社に恩返しをするつもりで色々な引き継ぎややらなければならないことを迅速に対応して行いましょう。