post

転職活動においては自分が不利な立場にならないように様々な観点から事前に対策をし、完璧な状態まで自分を持っていくことと思いますが普段からの習慣はどうでしょうか?習慣になっていることは、なかなか直せないものだと思います。しかし必ずしもそれが不利なこととは限らないと思いますが、喫煙者であるということはどう評価されるでしょうか。そこで今回は喫煙者が転職する際に抱えてしまう可能性のあるデメリットを話していきたいと思います。

人に不快感を与える可能性がある

近年は臭いを抑えた商品や電子タバコの普及により臭いへの対策が取られた製品が発売されるようになりましたが、タバコ=臭いというイメージが払拭されたとは言えません。職場の同僚や取引先の人、宅配業者の人などからタバコの臭いがしたら非喫煙者は勿論、喫煙者の人も良い気持ちになる人はいないと思います。そのことから喫煙者は非喫煙者よりも臭いの観点で不利な立場になると考えられます。

仕事効率の悪い人材の可能性がある

結論から言うと非喫煙者と喫煙者を比べると喫煙者の方が仕事効率の悪さが懸念されます。例えば8時間業務の中で1時間1本、5分かけてタバコを吸うことになると現在、ディスクワークや出先でもタバコを吸うとなるとエリアが限定されている為、その都度喫煙スペースに行かなくてはならないのでその時間分業務に支障が出ることになります。そのことからそのタイムロスがない非喫煙者の方が仕事効率の良い人材といえます。

体調面の不安がある

喫煙しているということは皆さんも御存知の通り、肺がんや心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす要因となります。それが当然自分の会社で働いている人間に降りかかってしまったら代わりの人間を急遽探さないといけなくなってしまうことや何より良い気持ちはしません。しかし非喫煙者ならばこの喫煙が原因により引き起こされる病気に対してのリスクはなくなります。そのことから健康な人員の方が会社としてはリスクがないので喫煙者は嫌煙される可能性があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職者を採用する際に非喫煙者と喫煙者ならば非喫煙者の方が会社にとっては良い人材と言えます。タバコ独特の臭いで周りを不快にさせないことを始め、業務時間中にタバコを吸うことがないのでその分のタイムロスはなくなります。
また喫煙により引き起こされる健康へのリスクも無いため、会社としては非喫煙者の方を採用した方のメリットが多く、喫煙者は嫌煙されてしまう可能性が高くなります。