post

 

転職活動で一番自分をアピールするのに大事なポイントは面接にあります。その際提出する履歴書や職務経歴書は、いわば自分の人生の年表と言っても過言ではないほど大事なものになります。しかしこの職務経歴書と実際の面接で言っていることに不一致があると採用担当者も面接者自体に様々な不信感を抱くはずです。そこで今回は面接時、履歴書と面接時とで言っていることがバラバラだったら
採用担当者はどんな不信感を抱きどう思われてしまうのか話していきたいと思います。

やる気のない人だと思われてし

まず採用担当者が面接時、履歴書と実際に話していることがバラバラだったら、面接に対してやる気があるのか不信感を持ってしまいます。面接をするということは必ず事前に提出している履歴書から質問をされるというのは誰が見ても明らかです。それなのに面接時に履歴書に書いてあることと実際に話していることに統一性が無かったら、せっかく忙しい業務の間を縫って面接をしているのにいい加減な人だと思われてしまい、当然そのような人からはヤル気も感じられないと思います。そうならない為に面接に進む際は、事前に自分の書いた履歴書に何回も目を通し、履歴書と自分の考えを統一させておきましょう。

嘘をつく人だと思われてしまう

これは面接だけに限ったことではないですが、面接前に一回、履歴書という自分のことが書かれたものを提出しているのにも関わらず面接時、履歴書と内容が違う話をされてしまったら、嘘をつく人だと思われても仕方ありませ。もし面接をクリアし、入社することになったと考えた時、嘘をつくような人だったら当然一緒に仕事をしたくないと誰もが思うと思います
まずは、転職者というよりも一人の人間として信用してもらう為にも、履歴書と自分の意見を統一し、信用できる人間だということをアピールしましょう。

入社後もそういうミスをする人だと思われてしまう

面接時、履歴書と実際に話していることに対して相互の解釈の違いから少しの不一致が生じることはあるかもしれませんが、大きく違うようなことがあれば当然、相手も良い気持ちはしません。もしこれが嘘ではなく、誤記入や誤字、脱字だったとしても実際に  仕事に置き換えた時、履歴書という大事なものに重大なミスをするということは実際にもこのようなミスを犯してしまう可能性があるということになってしまいます。  履歴書一つとっても採用担当者は、そのような細かな事まで考えているということを頭に置き転職活動をしていきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましが面接は転職活動の一番大事なポイントであり、その際提出する履歴書はいわば自分の年表です。しかしその履歴書に記載されていることと実際に面接で話していることに
統一性が無かったら当然採用担当者は「本当にうちの会社で働きたいのか?」「すぐ嘘をつく人じゃないのか?」などの不信感を持ってしまいます。また仕事面に置いても履歴書という大事な書類に誤記入や誤字、脱字などが多く見受けられると仕事に対してもこのようなミスをしてしまうのではないかと思わせてしまいます。このことから面接時に提出する書類には何回も目を通し記入ミスが無いか否か、実際の面接時に自分の中の意見と統一性があるかを確かめてから面接に臨む必要があります。