post

新卒の就職試験においても同じことが言えますが特に転職者の就職試験において面接試験は重要で、ここでの結果が合否を左右するといっても過言ではなく、一発勝負が多い転職面接では第一印象を面接官によく思わせることが非常に大切になります。そこで合格を引き寄せる為、意識して欲しいのが自分の姿勢が相手に良く見えているかどうかということです。そこでそのことを踏まえながら今回は自分の姿勢を気にしないで面接に臨むとどうなるのかとそれに対しての改善案を話していきたいと思います。

やる気がないように見えてしまう

まず姿勢が良い人ならば面接においても普段通りに臨めば、面接官からマイナスポイントを貰うことはありませんが、もし姿勢が悪いことに気づかずまたは意識せずに面接に臨んだらどうなるでしょうか?その答えはと言うと確実に面接官に良い印象を与えることは無なく姿勢が悪いというのは見た目からヤル気の無さをかもし出してしまいます。これは面接という一発勝負の短時間で行われる中、なるべく良い印象を与えなければならないのにヤル気が無いという印象を持たれてしまったらそれだけで採用が遠のいてしまいます。

面接は基本短時間なので意識して姿勢を正すしかない

ではヤル気がないという印象を与えない為にはどうすれば良いのかというと、それは意識して姿勢を正し面接に臨む他方法はありません。面接というのは企業側の人がわざわざ忙しい時間を自分についやし、基本短時間で行われます。そのことから面接中に悪い姿勢で臨むこと相手に対して失礼にあたり、辛くてもきつくても面接中ぐらいは無理をしてでも姿勢をただし臨むしかありません。

普段から鏡など自分が自分を見ることのできる状態でチェックする

そして姿勢を正すにはどうしたら良いのかというと、これは面接前に自宅などで鏡やビデオカメラなどを使い自分の姿勢を自分がチェックしていくしかありません。姿勢の悪さというのは習慣になっていることが多く意識して改善しなければ直ることありません。そのことから長期的かつ毎日姿勢を矯正する時間を設け少しずつ直していきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが自分の姿勢を意識しないまま面接に臨んでしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。もし姿勢悪いまま面接に臨んでしまうとヤル気の無さや不快感を相手に与えてしまい、これは一発勝負短時間の転職面接では致命傷といっても過言ではありません。まずは改善案として長期的に普段から鏡やビデオカメラなどを使い自分が自分をチェックできる環境での姿勢の矯正をして、面接においては短時間なのだからきつくても辛くても良い姿勢で臨むしか悪い印象を与えない方法はありません。