post

子どものなりたい職業ランキングで女の子部門の毎年上位に入る食べ物屋さん。その中でも特に人気なのがケーキなどの洋菓子屋さんです。子供の頃なりたかったと考えている人も多いでしょう。そう考えていた人は今からでも転職は遅くないです。

思い立ったらすぐ転職がおススメ

パティシエに転職したいと考えたら行動は早めに起こすことをおススメします。パティシエは最低でも8年、一般的には10年は下積みをしないと一人前と認められないほど経験の積み重ねが大事な仕事です。高校卒業後専門学校を経て修行を開始する人は20歳前後でこの業界に入り経験を積んでいきます。転職してこの業界に入るとそれらの人との経験の差は開いてしまうので、パティシエになりたいと決意したら勉強を開始しましょう。しかし、20代前半から30代になってからパティシエの世界に入った人もいるので一番大事なのはやる気といえます。

専門学校で基礎を勉強するのが一般的

パティシエになるには専門学校で基礎知識を勉強するのが一般的です。製菓の専門学校は全国にあり、仕事をしながら通える学校もあります。そのため日中は働いて夜間の授業もある専門学校で勉強しながら基礎的な知識や技能を身につけて転職するのが最適です。専門学校で学べばOBOGのつながりや学校の実績で卒業後の就職先の求人があるのも魅力の一つです。卒業後の進路選択は洋菓子を作るといっても洋菓子店に勤める場合とホテルやレストランの厨房で働く場合は仕事内容が大きく異なります。自分はどのようなお菓子が作りたいのか、どのような仕事がしたいのか考えて働く場所を決めましょう。

パティシエはチームワーク、社会人経験が活きる場面も。

パティシエというと一人で黙々とお菓子を作り続けるイメージがありますが、実はチームワークも大切です。クリスマスの時期には一日に数百個というケーキを作らなければなりません。一人で数百個は到底無理で。チームで作業を分担して行うことになります。そのため効率的に期限までにクリスマスケーキを作るにはチームワークが重要になります。また、将来的に独立を考えている人は店の経営やお客様の取り込みなどを行うときに会社員としての経験が生かされることもあります。それは転職の強みです。パティシエは実力勝負の世界なので、本気でやりたいと考えたら勉強して腕を磨くことで業界に入るのが遅くても活躍の道は開けます。