post

無事に就職をして仕事をしていく中で、誰もが一度は仕事に対しての不満や給与の不満、人間関係や自分のキャリアアップに関してのことを考え転職するべきか否かということを考えることと思います。しかしこの二つの選択はどちらが正しくて、どちらが間違えているということは無く、「自分が一つの仕事を続けて良かった」、「転職して良かった」と思えることが大事にポイントになります。そこで今回は転職しない人の人生と転職した人の人生どちらが良い人生なのかをテーマにして考えていきたいと思います。

社会的信用

まず転職をしない人と転職をした人を第三者から見た社会的信用度で考えていきたいと思います。日本人は何に対しても一つのことを長く続けている人=頑張っている人と考える習性みたいなものがあり、一つの仕事を続けているということは人を評価するのに一番分かり易いものさしであることから、転職していない人はそれだけで社会的信用度は高くなりますが、だからと言って転職をしている人は社会的信用度が無いという訳ではありません。転職をしている人にはそれなりの考えがあって転職をしている訳なので、第三者に提示できる明確な転職理由をさえあれば転職していても社会的信用度はけして無くなることはなく、むしろそれが社会的信用度の向上に繋がります。

社内での立場

次が社内での立場の違いです。やはり転職しない人は新入社員の頃から長きに渡り一つの会社に貢献することになるので上司や同期、部下などの信頼度も高まり、出世も見込めます。一方、転職
している人ですが一度勤めている会社を退職することになる訳ですから社内でどれだけ信頼されていて、出世していても転職してしまえば、一回その状況はリセットされることになり、また新たな職場で一から信頼を勝ち取り、自分のポジションを作らなくてはなりません。しかし最近は即戦力になってくれる経験者いわゆる転職者を積極に採用している企業も多く、期待が高まっていることから自分のがんばり次第では、前の会社での信頼度やポジションよりも高いものを勝ち取ることもでき、転職が自分の転機になる可能性もあります。

仕事面

最後は仕事面に関してのことになりますが、転職しない人は同じ会社でずっと仕事をしていくことになるので、その会社のその分野ではスペシャリストになれる可能性が高くなります。一方、転職した 人は転職した時点から前職で手にした技術や情報はそこで途絶えることになり、その前職で手にしたものを活かしながら一から新しい仕事をしていくことになります。しかし転職しない人に比べ、一つの分野に縛られることなく、新しいものを吸収するチャンスは圧倒的に高く、幅広い技術や情報を得ることができます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが結論から言うと転職しない人と転職した人どちらが良い人生なのかは人それぞれです。転職しない人の方が一定のプラス評価を得やすいですが、転職者も転職をした理由を明確にすることやがんばり次第で転職してない人よりも高い評価を得られることができます。