post

転職の面接の時はどのような服装をしていけばよいのでしょうか?就職活動にあった服装を着ることで、面接の時に採用担当者に良いイメージを与えることができるはずです。ここからは、どのような服装をすれば採用担当者によいイメージを与えることができるのかを考えていきます。

まずは、男性の場合はどのような服装をすればよいかを考えていきます。基本的にはスーツです。例えどんなに暑い季節であっても、ネクタイとジャケットは必ず着用するようにしてください。もし、暑くてネクタイなんかつけずに面接に行って、目上の存在である採用担当者の面接官の人がネクタイをきちんとしめていたらそれはもう完全なマナー違反です。気をつけておきましょう。リクルートスーツを着る人もいるかと思いますが、転職活動ですので、なるべく社会人らしいきちんとした仕立てのスーツを着るようにすればよいかと思います。転職者としては、自分の経験や強みをアピールするためにもきちんとしたスーツ姿でのぞみましょう。

女性の場合でもスーツの着用が普通です。必ずジャケットを着用しましょう。下は、パンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらでも大丈夫です。男性の場合と同じように、きちんとした仕立てのスーツを着るように心がけましょう。

合同企業説明会や、企業のセミナーなどに参加する場合も必ずスーツを着るようにしましょう。採用には直接は関係しませんが、社会人としての最低限のマナーとして着用すべきです。それに加え、転職の企業合同説明会といいながら、抜き打ちで面接や筆記試験を開催する企業があったりするので、どんな場面であっても油断は禁物です。説明会に行く時も試験を受けるというような心持ちで向かうようにすれば、どんな事があっても対応できますね。転職者の私服はスーツです。いつどんな時であっても転職を意識して、きっちりとしたスーツ姿で過ごすようにしましょう。

ここまで、転職者の服装はどのようなものがふさわしく、どのような準備をしておくべきなのかということについて詳しくみてきました。何よりも重要なことは、いつ何時もきっちりスーツを着こなすということです。転職面接の第一印象は見た目です。見た目でもよい印象を与えて、少しでも採用に近づいてもらえたらなと思います。