post

会社に所属し何年か働いていると誰でも一回は「会社を辞めたい」、「他の仕事をしてみたい」、「このままでいいのか?」などのことを思い、その選択肢の一つとして転職を考える人もいると思います。しかしその中でも何故転職しない人と転職する人の2つに別れるのでしょうか?そこで今回は転職を考える人はどんなことを思っているのか話していきたいと思います。

現状に何らかの不満がある

まず転職をしたいと考える人の多くは現状に何かしらの不満を抱えている可能性が非常に高いといえます。給与や休日、労働条件など人により不満に思っていることは様々ですが、これらの不満は同じ職場に所属していく以上、劇的に変わることはありません。そのことからこの不満に思っている状況を変える為の手段の一つとして転職は有効と考えられます。

新しいことにチャレンジしたい

同じ職場でしばらく働いていると仕事の感じや先輩社員の境遇から今後自分がどうなっていくのかある程度予測はつきます。そのことから現在の職場では自分が思っていたような仕事できないことや自分に向いていないことを気づいてしまうことがあります。また仕事をしているうちに別の仕事に興味を持ってしまうといった可能性もあり、そこから新しいことにチャレンジしたいという考えに結びつく人も多いと思います。

上記2つそれぞれの転職

では上記2つの考えから転職について考えていきたいと思います。結論から言うと不満を抱えての転職でもチャレンジ精神からの転職でもどちらも転職が成功する可能性は十分あります。しかし不満がある、チャレンジ精神があるからといって目標を定めないまま何となく転職してしまうと失敗する可能性が高くなってしまいます。まず何かしらに不満があり転職を考えるのならば給与を重視するのか・労働条件を重視するのか・休日を重視するのか自分が一番重視したいものを明確にしておく必要があります。またチャレンジ精神からの転職でもどんな職業のどんな部門で働きたいか細かいところまで自分の中で設定しておく必要もあります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職を考える人の中にも様々な意見があり転職をする理由も様々です。しかし何らかの不満を抱えて転職するにしても、チャレンジ精神からの転職にしても転職をする際には、自分が仕事に対して重視することや譲れないことを自分の中で明確にしておく必要があります。