post

転職をする理由は、他にやりたい仕事を見つけた・お金の為・キャリアアップの為など人それぞれで転職することはけして悪いことではありませんが、だからといって転職を何回も繰り返してしまうと家族・職場の人達に迷惑をかけることになってしまい、なにより自分自身が大変な思いをしなくてはならなくなってしまいます。そこで今回は転職を繰り返してしまう人達には、どんな共通した特徴があるのか話していきたいと思います。

その会社で働くイメージができていない

まず転職理由を尋ねたときに仕事内容の不満や勤務形態への不満を挙げる人が多くいます。仕事内容や勤務形態は仕事をしていく上で非常に重要なものであり、この二つが自分の考えているものと不一致だと勤務中は勿論、プライベートにも影響してくる為、転職する理由としては十分なものだと思います。しかしこの二つの不一致はあくまで自分の考えと現実との不一致の為、自分の理解力のなさや知識不足が原因になっている可能性もあります。このことを踏まえ入社前から会社の概要だけでなく細かな仕事内容や業界全体の仕事の流れもチェックし、入社してからも自分の考えだけで決め付けるのではなく、会社に対して新たに勉強し理解する気持ちを持っておく必要があります。

物事に対して批判的である

会社で仕事をしていれば少なからず誰しもが不平や不満を抱えているので批判的な感情が必ず生まれてしまいます。しかし物事に対して批判的なスタンスを取ってしまうと、いつの間にか悪いところを探そうとしてしまい、悪い所ばかりが目につき会社への不満が溜まり、それと同時に良い面も見過ごしてしまいます。このことからまずは批判的な目線から物事を見ようとせずに良い面から探せるように気持ちを切り替える必要があります。

理想が高すぎる

そもそも転職を何回も繰り返してしまう人は自分が掲げている理想の会社で働きたいという気持ちが強すぎる傾向があります。働いていく上で、どうせなら自分が掲げている理想通りの会社で働きたいという気持ちは分かりますが、理想が高すぎると条件に当てはまらない会社ばかりになってしまいます。このことからまずは自分が会社に求める条件を見直し、自分が会社に対して何を一番重視するのか明確にし、高すぎる理想の条件を緩和しておく必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが自分が理想とする条件を満たしている会社を追い求め、転職することは悪いことではありません。しかし自分の知識不足や理解力不足から会社に対して批判的にならないように十分リサーチし勉強しておく必要があります。また自分が会社に対して掲げている条件が高すぎる可能性もあるので、一度自分が掲げている条件を見直し、何を一番求めているのか明確にして理想の条件を緩和することも必要になります。