post

転職を希望する人の中には、初めてやる仕事、やってみたい仕事を希望する人が少なくありません。しかし、転職時に採用の時に重視されるのは、それまでの経験や人脈です。初めてやる仕事、やってみたい仕事を希望する人の就職採用率は低くなる場合がほとんどです。初めてやる仕事や、やってみたい仕事を希望する人には、それを踏まえた上で、それでも企業が採用したくなるようなアピールポイントを探し出すことが重要になってきます。

異業種への転職の中でも比較的転職の成功率が高いのは、異業種ではあるが同じ種類の職業です。異業種ではありますが、前職の経験を活かしてアピールすることができるので、成功率は高くなります。なぜ転職したかをしっかり考えておくことが必要です。
業種は同じだが、職業の種類が違うパターンは、前職の経験がアピールポイントにならないのでとても転職の難易度が高いと言われています。業種も職業の種類も違うパターンは最も転職が難しいです。何度もチャレンジする必要がありそうです。

転職は年齢がかなり評価ポイントになってきます。20代の転職は比較的容易だといわれています。まだまだこれからの世代なので、経験や人脈などよりも、仕事に対する意欲や熱意などが評価対象になっていることが多いです。30代以降の転職は困難である可能性が高いです。同業種などへの転職は前職の経験が生かせるのでアピールポイントもあり、転職が成功する可能性も高いですが、異業種への転職はそのアピールが難しいので、困難になってきます。年齢的なハンデもあるので、なるべくなら避けた方が無難かと思います。それでもどうしても新しいチャレンジをしたいという人は、何度落ちても諦めずにたくさんチャレンジすることで採用を勝ち取ることが1番の方法かと思います。

ここまで、異業種への転職について考えてきました。やはり異業種への転職というのは年齢を重ねれば重ねるほど難しいのかもしれません。しかし、そんな中でも自分の中にアピールできるポイントを見つけ出すことができれば、転職を成功させることができるかもしれません。異業種への転職を考えている人は、自分が転職したい仕事を明確にさせてから、そこに対して自分は何をアピールできるのかを考えるとよいかと思います。